イメージ画像

既婚者との不倫でも幸せ?

探偵という仕事をしていると、いわゆる浮気調査を行う機会がかなりあります。

浮気調査ではだいたいの場合、依頼者の配偶者が対象者であり、浮気相手と不倫関係になっています。

依頼者によってケースは様々ですが、だいたいの場合、調査中に目撃した対象者不倫カップルは仲が良いのです。

楽しそうで嬉しそう、もっと言えば幸せそうな笑顔すら見せてくれます。

不倫カップルが仲の良さを継続している時期になぜか毎回調査になるんですよね。

そのたびに思うことがあります。

なぜこの浮気相手はわざわざ既婚者と深い仲になってしまうのか?と。

この先にリスクやトラブルが待ち構えているのは明らかなのになぜでしょう。

リスクやトラブルを計算できない人たちなのでしょうか。

それともそういったリスク&トラブルは了解済みで、

むしろ自身の人生に刺激を与えるもの、ドーンと来い!くらいに思っているのでしょうか。

もちろんその既婚者のほうにも多大な責任があるのは言うまでもありません。

配偶者が居ながら他の異性と深い関係になれる人、こういうタイプはもともと異性をその気にさせるのが上手いんでしょうね。

もしかしたらしょせん遊び程度のことなのかもしれませんが、まあ真面目な話、他の人物と交際するならまずは身の回りのケジメをつけてからが筋です。

配偶者だけではなく、浮気相手に対しても実は失礼なことをしていると言えます。

この時点で浮気相手が深い仲になっている人物には人間性にかなり問題があります。

中には本当にその既婚者と幸せになろう、もしくは幸せになれると信じている人もいるんでしょうね。

私はそのたびに思うのです。

自分が幸せになろうと思う前に考えるべきことがあるのではないか。

(自分が一緒になろうとしている人は既婚者で家族がいる。

自分の行為でその家族、子供たちが不幸になる可能性がある。

そもそも他人を不幸にする行為で果たして自分は幸せになれるのか?)と。

そういうことを考えたことがあるのか、それとも現在まで全く考えが及んでいないのか。

まあ言ってみれば、ここまで踏み出してしまう人はおそらく様々な問題に気づけていないと言われても仕方ありません。

1.既婚者と付き合うのはリスク&トラブルがある

2.浮気相手が交際している既婚者には人間性に問題がある

3.既婚者の家族(配偶者・子供)のことを考えていない

4.既婚者の家族(配偶者・子供)を不幸にする可能性が大きい

5.浮気相手自身にも問題がある

では、どうすればよいのか?

1.相手がちゃんと離婚の手続きなどを終えてから一緒になる

2.そもそも既婚者とは付き合わない

まあだいたいこのどちらかの選択肢になるかと思うんですが、結局、男女の仲に理屈や論理を通そうとしても無駄なのかもしれません。

このページの先頭へ