イメージ画像

証拠が物言う離婚訴訟

現代、施行されている法律では離婚出来る理由がいくつかありますがご存じでしょうか?

・3年以上の生死不明

・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと

・悪意の遺棄

・浮気(不貞行為)

・その他婚姻を継続し難い重大な事由

上記の5項目が法律で認められている離婚事由となります。

上記の「3年以上の生死不明」については天災や海、山での遭難などの事故により遺体の確認取れなかったり、行方不明となり捜索願いを出したものの3年を経過した配偶者に対して離婚が認められるという措置です。

ただ行方不明に関しては裁判所でもかなりの真偽確認が行われる場合もあるとも聞いていますがほぼ認められるみたいです。

「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと」については精神科医からの診断書によって回復の見込みがないと判断されれば裁判所が決定、離婚が認められます。

「悪意の遺棄」と聞いてすぐに理解できる人は少ないと思われます。

まず普通に生活していていてもまず聞かない言葉でもあります。

「悪意の遺棄」とはどういった行為の事を言うのでしょうか?

・生活費を妻に渡さない。

・生活費を渡す約束で別居をしたのに生活費を渡さない。

・単身赴任中の夫が妻子に対して生活費を送らない。

・専業主婦であるのに家事を放棄している。

・夫婦共働きで、拘束時間も対等であるのに一方が全く家事をしない。

・仕事ができないわけではないのに、仕事をしようとしない。

・夫が妻に対し虐待、暴力などにより追い出し、家に入れないようにする。

 ※虐待、暴力などが原因で妻が家を出た場合は悪意の遺棄とは認められません。

・なんら理由もなく家に帰ってこない。

上記のような行為が「悪意の遺棄」と言われる行為の例です。

しかし、なかなか立証をするのが困難な行為も中には含まれています。

これらの行為を立証するにも探偵は活動し証拠を蒐集しておりますので相談されてみるといろいろと協力して貰えるかと思います。

「浮気(不貞行為)」は配偶者の一方が別の異性と性交渉をしたことが原因による法定離婚理由です。

世間で言う不倫行為となります。

ただし、この浮気、不倫の行為を立証するにもそうそう簡単なことではありません。

配偶者が浮気を素直に認めてくれればこんな簡単な事はありませんが、まず浮気を認める事はしません。

認めることで自分が不利になることを当然、知っているからです。

仮に異性と一緒に裸での写真があったりすれば浮気の証拠としては十分でしょうがなかなかそんな写真はありません。

例えば財布やバックに避妊具が入っていたり、ラブホテルの名前入りライターやアメニティーグッズを持っていたとかメールに「好き」「愛してる」といった言葉が残っていたとしてもこれだけでは浮気の証拠にはなりません。

確かに浮気をしているかもしれないという可能性は高いのですが絶対とは言い切れないのです。

民事おいて絶対という証拠がなければならないのです。

やはりこの浮気、不倫行為の証拠を蒐集するには探偵を雇わなければ現実的に難しいのです。

浮気をしていると思われる配偶者に対して個人が自由になる時間の行動を逐一監視してもらい、どういった行動をしていたかを調査して貰うのです。

探偵用語で言う素行調査、浮気調査になります。

この浮気調査をして貰い、浮気相手とラブホテルにでも行ってくれれば浮気の証拠になりますが浮気相手の家に行き、3時間位で出てきたとなると浮気の証拠にはなりづらいこともあります。

この点が浮気調査の難しさでもあるのです。

この点につきましては探偵事務所から説明されるとは思いますが法律事務所の弁護士などに尋ねられる事もお勧めします。

このような状況ではどういった事までを押さえれば浮気の証拠として実証されるかをお聞きになればそれなりのアドバイスは受けられるはずです。

また最近の浮気における離婚訴訟の場合、浮気の継続性を問う場合も多くなってきたと聞いています。

これは一度、ラブホテルでの浮気行為が認められたといっても一度の浮気行為だけでは離婚するだけの各相とは弱くなっていると言うことです。

ただ以前お持ちの情報(避妊具の所持、ホテルのアメニティーグッズ、メールのやり取り)などをプラスすることで継続性を認められる場合もあるのです。

尚、現在、ストーカー規制法により一般人が配偶者とはいえ、尾行などをする行為は禁止されていますのでこの点も十分に配慮して浮気の確証の確保に臨んで下さい。

浮気の事実が出たなら配偶者からの離婚の申し出は出来なくなりますので離婚を阻止する場合にも浮気調査は有効です。

このページの先頭へ